毛深い悩み 解決サイト


毛深い男が競泳用を使うとき

勿論ブーメランの超ビキニでそのころはわざとジュニアのSサイズで半ケツで履くのが流行っていました。ほとんど水の中ですしね。そもそも目的は「競泳」ですし。海水浴などと違って、水着で寝転んで日光浴するわけではないのですもの。嫌われてた男性に関してはあれこれとあらさがしで悪口のひとつとして取り上げられちゃったりしてましたけど(^^;)・・・そうでない場合は何の話題にもなりませんでした。

よほど、お猿のように毛むくじゃらでなければ、おそらく本人が思う程周りは気にしません。また、ビキニラインの脱毛はしないほうが良いですよ。今では私もそれを愛用しています。からかいの的として取り上げられることもありませんでした。かえってブツブツが目立って、あとでチクチク痛いし、パンツの形で対処することをお勧めします。

中学高校と競泳していました。部の仲間内では毛深い男性も結構いたけど、誰もそんなこと別にどうでもいいというか、本人も多分気にしなかったんじゃないかな。大会などで多くの選手が集まるような場所でも、それは当然ながらタイムを競う場なので、体毛自体に目が行くわけではありませんでしたしね。しかし時代は流れ、今では国際大会でも見かけるピタッとしたトランクス型が流行り。

かつて学生時代に競泳をやっておりました時の経験でお話致しますと、基本的にお悩みになっているようなことを気にする人は私の周りではいませんでしたね。競泳=ビキニという図式は過去のものです。若干31歳水泳は幼稚園に上がる前から今でも泳いでいます。女性の場合だと無駄毛処理がたしなみという風潮があって、処理しないわけにはいかなかったというか、やっぱり恥ずかしいという感覚がありますけれど。

⇒毛深い悩み 解決サイトTOP


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。