毛深い悩み 解決サイト


コンプレックスが原因

レム睡眠行動障害は、レム睡眠中に見ている夢内容に反応して、異常行動が生じるものです。老年期に多くみられ、子供や若年成人にみられることはまれです。オナラは食事などする場合に一緒に吸い込んだ大量の空気が腸にたまってオナラとして排出されています大半はげっぷとして排出されることが多いのですが排出されなかった分は当然オナラとして排出されます睡眠中イビキを指摘されたことがあれば無呼吸症候群の可能性があるのでその分余計にオナラとして排出されることが多くなっているのではないかと思われます。

たまに出るくらいなら誰にでもあります。寝言などが結構激しく出るのでしたら、もしかするとレム睡眠行動障害かもしれませんね。しかし長い寝言が長期間続く場合は、上記の理由の他にストレスや内科的・精神科的病気が原因だったりします。

言葉を発した時に筋肉の刺激が脳に伝わり、覚醒中枢を刺激して目が普通は覚めるものですが、寝言を言う人は覚醒機能が不十分な為に、寝言の自覚がない場合が多いです。一言でいうと夢にうなされてねぼける状態と考えられる病態です。睡眠時無呼吸症候群だったりする場合にもよく見られます。

とりあえず寝言の原因には覚醒中枢の働きが弱いことが挙げられます。しかし、レム睡眠を制御する機構のある脳幹(脳と脊髄のつなぎの部分)を障害する神経病、あるいは脳の加齢による変化でこうした夢見中の機構の働きが悪くなると、夢でうなされ大声でねごとを言ったり、暴力的な行動を示したり、歩き回ったりするようになります。(硬いですが)健常人が夢を見ている時には、脳からの運動の指令が筋に届かないように、生理的に金縛りに似た機構が働き夢内容に対応した行動が生じることを防いでいます。

⇒毛深い悩み 解決サイトTOP


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。